仮想通貨でなるべく大きく利益を取るためのポイントとは

副業として口コミなどで評判になっている仮想通貨ですが、これで利益をなるべく大きく摂るには、以下の点に気をつける必要があります。

一つ目は、「ステーキングやレンディングを活用して金利を貰う」。
「ステーキング」というのは、持っている仮想通貨のブロックチェーンネットワークに寄与することにより、見返りとして金利を貰えるというシステムです。
「レンディング」というのは、持っている仮想通貨を誰かに貸し付けて、金利を貰うというシステムです。

仮想通貨の取引においては、勝負に出るという時までガチホしておくことが大半です。
よって、仮想通貨を持っておく期間は長期化しがちなので、その期間にステーキングやレンディングを用いて、金利を貰っておくべきです。

二つ目は、「ウォレットに移動させて保管しておく」。
これは、厳密にいうと利益を取る方法ではなく、資産を保護する方法です。
取引所に仮想通貨を置きっぱなしにすることには、いろいろな危険が付きまといます。
「取引所のハッキングリスク」「取引所が潰れた時に、仮想通貨を引き出せなくなるリスク」など。

よって、自分の持っている仮想通貨の管理が可能なウォレットを用いるべきです。
特に、オフラインで仮想通貨の管理が可能な「コールドウォレット」はハッキングに強いので、おすすめといえます。

三つ目は、「ガチホしておく」。
「ガチホ」というのは、「ガチでホールドする」を略した言葉で、仮想通貨を長い間持っておくことを指します。
仮想通貨の取引では、「取引手数料による損失」が知らないうちに積み重なりがちです。

手数料には、以下のような種類があります。
「入金手数料」は、日本円を取引所に入れる際に発生します。
「出金手数料」は、取引所にある日本円を口座に出す際に発生します。
「送金手数料」は、仮想通貨を他の取引所などに送る際に発生します。
「売買手数料」は、仮想通貨を売り買いする際に発生します。

これらによる損失を防ぐには、ここぞという時までガチホしておいたほうがよいでしょう。

四つ目は、「いろいろな分析を行い、いちばんよい時期に売り買いする」。
仮想通貨の取引で利益を出すには、売値と買値の利ザヤをとらなければいけません。
その利益を大きくするためには、価格の変動を予想できなければなりません。
価格の変化の予想をする手法には、「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」の二つがあります。

「テクニカル分析」は、これまでのチャートなどをベースに価格を予想するという手法です。
この手法では、「テクニカル指標」という物を用いますが、これは株のチャートと同様なため、書籍などで簡単に調べることができます。

「ファンダメンタル分析」は、社会で起きた出来事をベースに価格を予想するという手法です。
この手法においては、「仮想通貨に関する最新の情報を手に入れること」「手に入れた情報を活用できるだけの仮想通貨への理解の深さ」の2点が重要となってきます。

タイトルとURLをコピーしました