初心者におすすめの海外FX業者の選び方

国内と海外との違いを把握しよう

最近では副業としてFXをする人が増えていますが、海外の業者はレバレッジが高く口座残高不足になっても追加証拠金が請求されないため興味をそそられるトレーダーが増えています。
しかし、あくまでも成功すれば多くのお金を手に入れることになり、失敗をすれば意味がないと考えて業者を選ぶことが大事です。

国内の業者は金融庁の許可を受けて運営し、レバレッジが最大で25倍までに制限され口座残高不足になれば追加証拠金を請求されます。
しかし、資金管理は信託保全のため業者が倒産しても預けた資金を失うことや、利益が出ても出金を拒否されるリスクがなく安心です。
このため、海外の業者を選ぶときは許可を受けて運営しているか確かめ、サポートが日本語対応であれば問い合わせができて安心してトレードができます。

どのような点を重視すべきか

海外の業者はレバレッジが高くボーナスキャンペーンも充実し、口座残高不足になっても追加証拠金を請求されないなどメリットが多いです。
しかし、実際には出金や約定を拒否されるなどの不正行為も多く、事前に金融ライセンスを取得しているか確かめないと預けた資金を失うリスクがあります。

また、日本語対応でないと初心者には使いづらくなり、サポートの内容やホームページの表記の仕方を確かめて決めることが大事です。

そのほか、スプレッドが国内の業者よりも広く取引コストが増え、口座タイプも複数あるためトレードのスタイルに合わせて決める必要があります。
また、利用者の口コミや評判の内容を確かめ、詐欺の被害にあわないよう安心してトレードができる業者を探すことが重要です。

ボーナスキャンペーンを信用しすぎないようにしよう

海外FXの初心者はレバレッジが高く一獲千金を狙えることを期待しがちですが、利益が出ても出金を拒否されてしまうと意味がなくなります。

このため、副業としてFXをするときは注意が必要で、金融ライセンスがあるかどうか確かめて選ぶことが大事です。ボーナスキャンペーンは新規口座開設や入金をすると付与され、証拠金の一部として使えば準備する資金を減らせます。

しかし、スプレッドを狭くして取引コストを減らせるECN口座を選ぶと付与されないため、トレードのスタイルに合わせて決めることが重要です。

また、海外の業者は金融ライセンスがなく無許可営業をしたり、資金管理が信託保全でなく倒産すると預けた資金を失うリスクがあります。このため、計画倒産などの詐欺にあうリスクが高く、事前に運営状況を確かめて決めることが大事です。

タイトルとURLをコピーしました